小太郎と愉快な仲間達

秀巧金属㈱のマスコット猫小太郎が商品の話、日常など色々と綴ります。

  1. ママのつぶやき
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

ショックな出来事

秀巧金属㈱のブログを見て頂き有難うございます。
3月はこれで3回目の更新・・・・仕事の忙しさに負けてしまいました。
21日は休日でしたが、仕事で日帰りで山形に行ってきましたよ。
その日は晴れていたんですが、雪が沢山残っていました!

DSC_1309.jpg

4月は繁忙期も終わり、少し落ち着くのでブログ頑張ります。
(本当は落ち着いちゃうと困るんですけどね

最近少しショックな出来事が2つありました。

1つめは小太郎の妹みーちゃんが虹の橋に旅立ちました。
来月7歳になるはずだったのに・・。

DSC_1316.jpg

友達のYちゃんの所に里親さんから連絡が入ったそうです。
前日まで元気だったのに、急にぐったりしたため、獣医さんに連れて行ったら
遺伝性の心臓肥大が急性で発症してしまったそうです。
そのまま入院になりましたが、みーちゃんはそのまま旅立ってしまいました。
小太郎が我が家に来るまでずっと一緒にいた妹猫ちゃん。
保護するために餌付けしていた時、小太郎を押しのけてご飯を食べていたのを思い出しました。
なかなか人馴れしてくれなくて、里親さんを探すのに苦労したみーちゃん。
でも最後はあったかい家族に迎えられ、いつもママと一緒で幸せだったよね。
最後まで息子さん、おばあちゃんには慣れなかったそうで、ママ一筋だったそうです。
そんな性格も小太郎そっくり・・・
Yちゃんは遺伝性ということで、小太郎とポニョのことを心配して知らせてくれたのです。
ううう悲しいし、小太郎のことも心配です。

そして2つめのショックな出来事。
母が通院している病院には野良猫ちゃんが数匹いるのです。
病院という場所柄、衛生的なことが求められるので、
「猫に餌をあげないでください」ってきちんと看板もたてられています。
しかし患者さんも含め、餌をやる人が絶えないのです。
きちんと餌をあげたら、その後始末をして帰る人もいれば
猫缶やカリカリをそのまま花壇などに置いてあげる人もいます。
人間用のおつまみカツオや、お弁当の残りをあげる人もいます。
気持はわかります。でもそれが原因で病院の責任者の方が頻繁に保健所に猫の捕獲を依頼するのです。
先日もおっとりとした親子の猫がつかまり、連れていかれました。
偶然その現場を見ていた方がいて、母はそのことを知ったそうです。
何とも言えず悲しい気持になりました。
猫が可愛いから餌をやりたい気持はわかります。でも無責任な餌やりは悲しい結果にもなりえるのです。
今日もきっと病院の前で餌やりをしている人がきっといます。
その人達はこのことを聞いても何とも思わないのか・・・聞いてみたくてたまらないです。

最後は我が家の小太郎君。
相変わらずの寝業師です(笑)

DSC_1308.jpg

DSC_1306.jpg

DSC_1302.jpg

DSC_1300.jpg

DSC_1294.jpg

私と一緒にプロレスごっこをして遊んでるんですが、動かない~。
でも腹筋を使って起きあがってはくるので、まぁいいかと・・・(汗)
この週末は沢山かまってあげなくっちゃです。


にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


キジ白猫 ブログランキングへ
スポンサーサイト


  1. 2015.03.27 (金) 20:53
  2. URL
  3. Anne
  4. [ edit ]

No title

みーちゃん、7歳なんてまだまだ若いですね!
遺伝性の心臓肥大ってことは小太郎ちゃんのことが心配になるのも当然です。
発症するのか、しないのか、その差がどこにあるのか知りたいですね。
やっぱり人間が出来ることってストレスを与えない暮らしくらいなのかなあ・・・

野良ネコちゃんへの餌やりは気持ちは分かるだけに辛いですね。
杉並の近くの公園では、猫のイラストで「いつもご飯をありがとう」って書かれています。
その看板には、「僕たちは器は食べないから持ち帰ってね!」共あります。

その公園は夕方ご老人たちと猫のコミュニティになっていて、時間が来ると猫もご老人も集まって来ます。
割とうまく野良猫とご老人たちは過ごせているようです。

そんな中、人間がルールとかキライな他人への配慮とか考えないと
犠牲になるのは動物の方なんですよね。
気付いて欲しいって本当に思います。
  1. 2015.03.27 (金) 23:31
  2. URL
  3. ぴいひょろ
  4. [ edit ]

No title

ひろりんさん、こんばんわ!
先日はガンちゃんにおめでとうをありがとうございました。
嬉しかったです^^
お忙しそうですね。忙しいという事は良い事ですね。
みーちゃん残念です。突然に発症するものなのなんだ…
普段から健康診断したほうがいいのかな。
小太郎ちゃんはみーちゃんの分までいっぱいいっぱい長生きしてね。
ぴいひょろも猫ちゃんが捕まえられて連れて行かれる所を見た事があるんです。
昨年は一台前を走ってた車が飛び出して来た猫ちゃんをひいてしまいました。
もうショックでしばらく涙が止まりませんでした。
今もそこを通ると悲しくて悲しくて;;;
  1. 2015.03.28 (土) 01:17
  2. URL
  3. もちゅみ
  4. [ edit ]

No title

みーちゃんのご冥福をお祈りします
7歳でなんですね。。。
そっか~小太郎ちゃんの妹猫ちゃんなんだ
小太郎ちゃんはそういう病気はだいじょうぶなのかな
みーちゃんの分も小太郎ちゃんは長生き
してほしいですよね
病院でそういうことがあるんですね
うちのほうの保健所は野良猫を連れていっても
ダメなんです
受け付けてくれないと聞いたことがあります
なんだかせつなくなります。。。。
  1. 2015.03.28 (土) 04:38
  2. URL
  3. ちか
  4. [ edit ]

No title

ひろりんさんおはよーお久しぶりです(o^-^o)
ひゃ~そちらはそんなに雪が積もってたんですか?凄いですね。
こっちは今年も殆ど雪が降らなかったです。

小太郎くんの妹みーちゃんが天使に…まだ7歳って若いのに(涙)
って病名はうちのタマと一緒の心臓肥大とは・・・
悲しすぎます。急に発症してしまったなんて。
まだまだ生きたかっただろうけど、あったかい家族に迎えられ絶対幸せな
猫生だったはずだよね。
みーちゃん、天使になってこれからも側で見守ってね。

そして二つ目のショックな事。本当にショックです。
無責任な餌やりで命が絶たれるなんて。
すぐに保健所に連れて行くやり方も許せないですし、このまま放置したら
どんどん可哀相な子が増えて行きそうで辛すぎます。
地域で活動してらっしゃるボランティアさんとか居ないのかな??相談に乗って貰えるかも
しれないですよ。

小太郎くん気持ち良さそう(o^-^o)
もうちょっと暖かくなったら動いてくれるかな?
  1. 2015.03.30 (月) 20:29
  2. URL
  3. しばシマイ
  4. [ edit ]

No title

みーちゃんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
我が家のみんなもそっちにいるからね。仲良くしてあげてね(^-^)ノ
時々、犬のユミや、マコが背中に乗せてくれるかもしれないから、
声かけてみてね。マコは、拒否することもあるとおもうけど、ユミは乗せてくれるわよ。
毎日笑顔でいてね。みーちゃんも!
 野良猫ちゃんのことつらいですね・・・。責任を持たずにただ、可愛いとは何とでもいえるんですよね。そのあとのことをしっかり考えてあげてほしいですよね。
 小太郎君今日も元気でカッコイイ~ふふっ。可愛いなぁ~♪
 今日も元気で健やかさんで(^▽^)ノ 小太郎くん♪



 マコのことありがとうございました。お気持ちうれしいです。いろいろ、考えてしまうことも多いですが、みんなで楽しくわちゃわちゃと過ごさせていただいております。ありがとうございます。


 管理者にだけ表示を許可する
 

<<さくら  | BLOG TOP |  招き猫>>