FC2ブログ

小太郎と愉快な仲間達

秀巧金属㈱のマスコット猫小太郎が商品の話、日常など色々と綴ります。

  1. 猫仲間
  2. [ edit ]

レオ君ありがとう

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを読んで頂きありがとうございます。
昨日スコクラブのレオ君が虹の橋に旅立ちました。
レオ君のことが大好きだったので、今日は追悼記事を書かせて頂きたいと思います。
のん福レオのお母さんに許可を頂いて、お写真もお借りしましたので
読んで頂ければ、幸いです。

1レオ君

スコクラブとの出会いは妹でした。
妹がずっとスコクラブを読んでいて、私も一緒に読むようになったのです。
そして、今年6月小太郎が糖尿病になり、インシュリン注射をうつことになったのをきっかけに
私もコメントをさせていただくようになりました。
レオ君はPKD(多発性嚢胞腎)という病気と闘っていました。
人間にもある病気で、難病指定されています。完治治療方法は確立されていません。
研究は進んでいるので、人間の場合は薬剤治療も一部行われるようにはなっていますが
高血圧治療したり、腎臓透析をしたりと対処療法が一般的な治療になっています。
猫のPKD研究は残念なながらその段階まではいっていません。
猫に人工透析という方法も一部言われる獣医師さんもいますが
金額、猫への身体的な負担増で、反対される獣医師さんも多いと聞きます。
これは私が読んだいくつかの記事を参考にしたあくまで私の考えなので
病気、その治療法についてのご意見はご容赦下さい。

レオ君は毎日点滴をし、インシュリン注射をうち、2週間毎に獣医さんで血液検査を受けていました。
レオ君はもちろん、お世話しているお父さん、お母さんも本当に一生懸命で頭が下がる思いです。
お母さん、レオ君のお世話のほかに、もちろんお仕事もあり、のんちゃん、千代ちゃん、スケ坊のお世話もあります。
本当に心身共に大変だったと思います。
そんなご自分も大変な時なのに、私のブログのコメントを通して
小太郎のインシュリン注射へのアドバイス、私の小太郎の糖尿病に対する不安に
励ましてくれたり、アドバイスを下さりました。
私の周囲にはインシュリン注射をしている猫ちゃんがいないため
お母さんのアドバイス、励ましは本当に有難く、心強かったのです。
「レオ君も治療を頑張っているから、小太郎もチックンと病院を頑張ろうね」
こう小太郎によく話しかけていました。
その頑張って、病気と闘ったレオ君が昨日天使になりました。
レオ君が食べなくなったときに、一旦は強制給仕となりましたが
悲しそうなレオ君のお顔を見て、
「レオ君を少しでもご機嫌さんにするために頑張ってきた、こんな顔をさせるためじゃない」
との思いから、強制給仕をやめる決断をされました。
すごくすごく大変な決断だったと思います。
愛情が無ければできない決断です。
そして寝たきりになっても、自分のあんよでトイレに行こうとしたレオ君。
お母さん、お父さんの声掛けに応えようとしたレオ君。
レオ君自身体がしんどいはずなのに、頑張っている姿に涙が出てきました。
レオ君の生き抜いた11年は本当に立派でした。
頑張って生き抜いた猫生でした。
すごく長生きをして天使になった猫ちゃん達の猫生にも決してひけを取るものではないと私は思うのです。
私も小太郎が病気になり、末期の状態になった場合は
お母さんのように真摯に向き合い、小太郎と頑張りたいと思います。

レオ君、今まで私と小太郎に元気と笑いを与えてくれて、ありがとう。

ありがとうの言葉とともに、レオ君のご冥福をお祈りいたします。
合掌

追伸
お母さんからお借りした、特に大好きなレオ君のお写真です。可愛くて、面白いレオ君。
大好きだよ、レオ君。ありがとうね。

レオ君2

レオ君3








にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


キジ白猫 ブログランキングへ
スポンサーサイト






小太郎

秀巧金属㈱のマスコット猫
小太郎です。
2008年4月15日生まれ
東京都墨田区で建築金物
オリジナル板金商品を
中心に扱っている会社です。

秀巧金属株式会社

Author:秀巧金属株式会社
FC2ブログへようこそ!