FC2ブログ

小太郎と愉快な仲間達

秀巧金属㈱のマスコット猫小太郎が商品の話、日常など色々と綴ります。

  1. ママのつぶやき
  2. cm: 10
  3. [ edit ]

同行・同伴避難の難しさ

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂きありがとうございます。
10/12の台風19号本当に怖かったです。
私の住んでいるところは徒歩圏内に3つの川があります。そして海抜0m地帯です。
今回はまずお昼頃避難準備のエリアメールと区の防災放送が入りました。
私の住んでいる地域の自治体は、ガイドラインで同行避難を義務付けています。
でも実際、今回ツイッター等を見てみると、避難所にペットを連れて行っても
人間はOKだけれど、ペットは外へと言われたところの多いことに驚きました。
また建屋に入れても、ペットは下駄箱までとか。
区役所に問い合わせした方が、区内の小中学校の避難所は全部ペット不可と言われたことも
ツイッターでつぶやいていました。
結局ペットを連れて、自宅に戻った方も多いようです。
1件だけ、車で20分ほどのスポーツセンターが同伴避難可で、
まだ余裕があるとつぶやいてくれている人もいました。
動物嫌いの人もいるし、動物アレルギーの人もいるので、とても難しい問題です。
全部の避難所を同行非難、同伴避難場所にすることは難しいのかもしれません。
しかし災害が起きる前に、この場所はペット同行・同伴避難不可、あるいは可という場所を
はっきりHP,広報などで開示して欲しいと思います。
はっきり開示されていないのに、ガイドラインは同行非難を義務付けているから
今回のようなちょっとした混乱が起こったのではないかと私は考えます。
ただ私の多くの地元の猫友は、避難を諦め、自宅で過ごした人がほとんどでした。
ただ偶然にもマンションの上層階とか、3階がある人達ばかりだったのですが・・。
災害は無いのが1番ですが、今後もあるかもしれません。
避難ということも必要になってくることもあるかもしれません。
ペットの居る人、動物嫌いな人、アレルギーの人等住み分けできるような
工夫や譲り合い、おもいやりが双方に必要なのではないかと思います。
これはあくまで私の希望なので、ご了解ください。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
話は我が家の避難のことに変わります。
うちは木造2階建てです。もし川が氾濫したら、危険と考えました。
でも小太郎のストレスを考えると、避難所は現実的ではないし
車で30分ほどの弟のマンション7Fに、軽自動車で行くには風がすでに強く心配でした。
そこで小太郎を保護してくれた友達Yちゃん、Sちゃん姉妹の家が鉄筋3階建てなので
避難させてほしいとお願いしたら、快諾してもらえました。
彼女達の家にも猫さんが1匹いますし、猫好きで知られているので、
猫嫌い、アレルギーという心配はないと考えたからです。
お昼頃避難準備が発令された段階で、コロコロ付の鞄に下記を入れました。
・ポータブルケージ
・ポータブル猫トイレ
・療法食+缶詰
・猫砂
・ビニール袋
・タオル、バスタオル
これは全部小太郎用です。
そして、かなり大きいエコバックに、水、食料、ごみ袋、タオル、小太郎のインシュリン道具1式(保冷バック入り)
私の薬を入れ準備しました。
そして夕時頃方4時頃避難勧告が発令した段階で、避難開始です。
小太郎を念のため、洗濯ネットに入れてからキャリーケースに入れて、
リュックサックみたいにキャリーケースを背負いました。
手持ち、肩掛け、リュックの3WAYで使えるキャリーなのです。
そして私はコロコロバックを持ち、父が自分の手荷物とエコバッグを持って
避難開始です。歩いて1分くらいの所なので、風雨気にせず行くことができました。
Yちゃん、Sちゃん宅でまずポータブルケージを出し、
ポータブルトイレにごみ袋を敷いて、そこに猫砂をセットし、
ケージの奥に置き、小太郎が普段使っているバスタオルをケージに敷きます。
そして小太郎をキャリーから出し、ケージに移しました。
手前にタオルを敷き、ご飯と水の容器を置きました。

DSC_0451_20191015082735844.jpg

固まっていましたが、ずっと声をかけて、撫でていたらご飯も食べてくれたので
インシュリンも打つことができました。
しばらくは鳴いていましたが、私がそばにいて、撫でたり声をかけたりしていたら
香箱座りをしてくれるようになり、少し落ち着きましたが
尻尾はすごい力を入れて、しっかりお尻の下にしまっていました。

DSC_0455_201910150827360b1.jpg

少し慣れてきて、表情にも余裕が出てきたのがわかります。
でもケージからはまだ出ません。
かなり強い風と、その音に、しきりに窓を気にして見ていました。

DSC_0461.jpg

夜半過ぎ、台風もピークを過ぎて、みんなも寝始めたころ、ケージから出て、お部屋を散策したり
いつも寝どこにしているキャリーケースに移動しました。
この頃になると余裕が出てきているので、固まるのではなく、キャリーを覗く人に
シャーとしていました。
一安心です。でもオチッコはしてくれませんでした。
翌朝7時頃自宅に戻ったとたん、トイレで特大オチッコをしました。
やっぱり我慢していたんだね・・・。
でも膀胱炎にもならず、本当に良かったです。
この後はご褒美のカツオも食べて、すっかりご機嫌です。
小太郎を保護したYちゃん、「こんな大きな猫見たことないわww化け猫!?」と言われましたよ(笑)
うちに来た6か月の時は2.6kgで、今は8kg超え・・・ギャップは大きいかもね・・・(汗)
本当にお世話になりました。ありがとうございました!
感謝の気持ちでいっぱいです。
人生初めての避難でした。ポータブルケージやトイレを避難で使うことがあるなんて想像もしていませんでした。
実際に使う場面がくるかどうかは別にして、備えは大事だと痛感しました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
まとまりない文章になってしまいましたが、まだまだ台風の被害で
被災され、家に戻れない人、戻れても浸水の後片付けに追われている人
そのほかの被害を受けられている人がたくさんいます。
また亡くなられた方も沢山います。
政府の支援、民間の支援が1日も早く届いて、普段の生活を取り戻せるようなることを
祈るばかりです。
=追記=
避難時はエコバックにお水と食料も入れて持参しました。
書き忘れたので、追記です。

にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


キジ白猫 ブログランキングへ
スポンサーサイト





  1. 2019.10.15 (火) 16:29
  2. URL
  3. せし
  4. [ edit ]

うちの猫はものすごい人見知りなので、家の外に連れ出すのは大変なんです。
だからもし川が氾濫しても避難所へは行かず、家の2階にいようと思ってました。もう猫と心中覚悟で(笑)

これで今年の台風は終わりだと思いますが、年々被害がひどくなる自然災害、本当に怖いです。
  1. 2019.10.15 (火) 18:16
  2. URL
  3. もちゅみ
  4. [ edit ]

そこは川が氾濫すると危ない地域で
その地域にいてはダメとか言われてるところかな
怖かったですねー
うちでもちょっと怖かったくらいだから
そちらはもし氾濫したらとほんとに怖かったと思います
でもお近くに3階建てでお知り合いの方がいて
そこに小太郎ちゃんと避難出来てよかったです
ポータブルケージと簡易トイレ、うちは持っていなくて
(キャリーは5個くらいあるんですが(^^;)
さっちゃんと避難することはないだろうなーと思って買っていませんが
万が一のときのために買っておこうかな・・・・
そそ、避難所、同行避難を呼びかけているのに
一緒に避難出来るのかどうかとかそういうのが全然わからないんですよね
HPで私も探して確認したけど
  1. 2019.10.15 (火) 22:37
  2. URL
  3. のん福レオのお母さん
  4. [ edit ]

小太郎君を保護してくれたYさんのお家へ皆で避難できて良かったです!!
しかも徒歩1分って、ありがたい~^-^
小太郎君は知らない場所で風雨の音が怖かったのでしょうが
落ち着いてきて良かったです。。
でもさすがにチッチは我慢していたのね^^;
小太郎君、よく頑張ったね、偉いぞ~!!
最寄りの避難場所でのペットの対応などは事前に調べておいた方が良いですね。。
ポータブルケージとか簡易トイレも必要ですよね。。
うちにはどちらもないです^^;
とても参考になりました^-^
ひろりんさん、ありがとうね☆
  1. 2019.10.16 (水) 06:41
  2. URL
  3. chika
  4. [ edit ]

おはようございます。
我が家も海抜0m地帯でしかも川の近くなので今回のことは
他人事じゃないですね。汗


私も見ましたがペットは外でって!それはないわ。
そんなのだったら家に残ったほうがいいと思いました。

これだけ飼ってる人がいるんだから分けてきっちり
そういう場所を確保するべきだと思います。

小太郎くんの避難先は小太郎くんを保護してくれた
方だったんですね。
ありがたいですね。しかもそんな近かったとは!

ポータブルトイレ、私も持ってますが、なるほどー
先にゴミ袋しいいてから猫砂。今後そういう時があるときは
それが便利ですね。
うちもポータブルケージがあるけどなんたって5匹なので・・・
凄く心配です。

避難先でもインシュリンちゃんと打てて良かったです。
小太郎くんもまだ落ち着いてご飯とトイレもしてくれたので
良かったです。

あははは、ほんとに大きくなったからね。でも化け猫ってー
  1. 2019.10.16 (水) 11:04
  2. URL
  3. ひろりん
  4. [ edit ]

せしさんへ

コメントありがとうございます。
うちの小太郎も超人見知りのビビりです。
だから避難所で私と離れるのは無理って思いました。
年々温暖化が進み、災害がひどくなりますよね。
本当に怖いです。
  1. 2019.10.16 (水) 11:13
  2. URL
  3. ひろりん
  4. [ edit ]

もちゅみさんへ

もちゅみさん、コメントありがとうございます。
そうなんです。うちの地域は洪水には要注意地域なのですが
河川管理がかなり進み、少なくとも私が生まれて以降は洪水はなかったそうです。
私も父も避難勧告を聞いたのが初めてでした。
うちもマンションのある程度の階だったら絶対避難しないで
そのまま自宅待機ですよ!!
結局周囲の避難所を見ても、学校が3Fたて、地区センターが4F建てと
結構低いんです。
私もある程度、ペットと一緒に避難できる場所を調べましたが
全くわかりませんでした。
ツイッターを見ても、雨の中行っても、結局戻ってきたというつぶやきが
非常に多かったような気がします。
もし洪水被害が出た場合、もちゅみさんの階数に被害がなくとも
マンション自体が孤立してしまった場合は後々の一時避難も考えられると思います。
避難所の場合は基本はケージは自分で用意みたいなので
ポータブルケージとトイレは用意するに越したことはないと今回感じました。
バルサン炊いたときとか、一時会社に連れてきたときにケージは使用しましたが
よもや避難で使用する日がくるとは、その日を想定して用意はしていても
考えていませんでした。
  1. 2019.10.16 (水) 11:22
  2. URL
  3. ひろりん
  4. [ edit ]

のん福レオのお母さんへ

お母さん、コメントありがとうございます。
避難所だとペットと避難できても、ほぼ同行非難なので
ペットはペットだけで隔離されてしまい、人間と同じ場所にはいられないんですよ。
同伴避難(同じ場所にいられる)をしてくれる地域もあるみたいですが
私の住んでいる地域は同行非難をガイドラインに載せています。
でももちゅみさんもおっしゃていましたが、前もって調べても
動物を受け入れてくれるのかどうかがわからないんです!
本当に行ってみて、断られて、帰宅というパターンの多いこと!
この辺をはっきり開示してほしい旨、区役所に言ってみるつもりです。
ただ実際問題、私から離れてしまうと食べない、飲まない、トイレをしないになってしまう
可能性があるので、本当に悩ましいところです。
お母さん、ポータブルケージとトイレは、用意した方がいいと本当に思いました。
友人宅に避難するにしても、既存のトイレやベッドを持っていくのは大変です!
ポータブルなら折りたためるので、小さくて便利です。
猫壱とかでもありましたよ!
うちの小太郎デカネコなので、大を使用していますが
かなり大きいですよ!

  1. 2019.10.16 (水) 11:31
  2. URL
  3. ひろりん
  4. [ edit ]

chikaさんへ

chikaさん、コメントありがとうございます。
今回は本当に友達に助けられました。
私がそばにいたので、小太郎も最終的にはかなり余裕をもてたと思います。
でもオチッコは我慢してました(涙)
同じ0m地帯でも、マンションなら、孤立しない限り安心だと私は思いますよ。
今回川崎や川越はマンションの上層階は浸水はしていませんが
孤立してしまったので、避難したという話もありますので
安心はできませんが・・・。
ポータブルトイレ、砂を直接入れても大丈夫なのですが
片付けが面倒くさがりの私は、ごみ袋を敷きました。ものぐさなんです。
年々災害の規模が大きくなっている気がします。
本当に怖いです。
猫さんを連れての非難は本当に大変と実感しました。
だからほとんどの猫友さんは自宅待機したんだろうなぁと思います。
うちもマンションだったら絶対に自宅待機ですよ!
  1. 2019.10.18 (金) 07:47
  2. URL
  3. まゆみ
  4. [ edit ]

おはようございます。
台風15号の被害もひどかったですが、今回の19号の被害もとても大きく驚いています。
台風が来る前からニュースでたくさんやっていたので、今回は皆さん前もって対策を考えて用意もしていたと思いますが…
やはりこんなに大きな被害が出てしまいましたね。
自然の恐ろしさ改めて痛感します。
小太郎ちゃんたちは歩いて1分と言うお近くで、保護してくれた猫好きさん宅に避難できてよかったですね。
何かあるかわかりませんから…本当に良かったと思います。
ペット同伴の避難所は、調べてすぐわかるようになっていると助かりますね。
わかりやすくしてほしいと思います。
ペットが居るから避難出来なくて、亡くなった方もいるとニュースでやっていました。
電柱を地中に埋めたり、少しでもこれからの未来に良いように復興してほしいと思います。
  1. 2019.10.21 (月) 08:09
  2. URL
  3. ひろりん
  4. [ edit ]

まゆみさんへ

まゆみさん、コメントありがとうございます。
今日ニュースで、台風後1週間たっても水が引かない地域があるといっていました。
そして荒川が氾濫したら間違いなくうちも浸水していました。
本当に自然災害は怖いです。
今回はお友達の家に避難させていただいて本当に助かりました。
気持ち的にも何かあった時に父だけではなく、誰かと一緒の方が
心強いです。
そしてみんな猫飼い、元猫飼いなので、小太郎の存在に嫌悪感を示されないのがありがたいです。
私自身、基本は動物は苦手な方なので(特にハムスターとか鳥)
同伴避難に反対する人の気持ちはわかるのです。
これからペットも一緒にスムーズに避難できることができるように
ハザードマップ等が整備されることを希望します。

 管理者にだけ表示を許可する
 

小太郎

秀巧金属㈱のマスコット猫
小太郎です。
2008年4月15日生まれ
東京都墨田区で建築金物
オリジナル板金商品を
中心に扱っている会社です。

秀巧金属株式会社

Author:秀巧金属株式会社
FC2ブログへようこそ!