fc2ブログ

小太郎と愉快な仲間達

秀巧金属㈱のマスコット猫小太郎が商品の話、日常など色々と綴ります。

  1. 猫仲間
  2. cm: 8
  3. [ edit ]

念願のスコクラブ訪問

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見ていただきありがとうございます。
PC復活しましたので、久しぶりの更新です。またよろしくお願いいたします。
7月22~24日の連休は父、弟、妹、甥との5人で金沢、福井旅行に行ってきました。
父はワクチン2回接種、ほかのメンバーは1回接種でしたが、感染予防で決行です。
経済回してきましたお財布にはかなり余裕をもって諭吉を入れていったのに帰路時には諭吉が1枚もないという有様
1日目 福井観光(永平寺・東尋坊)あわら温泉泊
2日目 福井観光(称念寺・恐竜博物館)金沢泊
3日目 金沢観光(高山右近ゆかりの地めぐり)スコクラブ訪問 金沢泊
4日目 氷見で食事 帰京
おいおい書いていきますが、今日はやっぱりメインイベントのスコクラブのことを書きます
小太郎がインシュリンを打ち始めたころから、スコクラブのブログを読むようになり(妹はもともと読者でした)
コメントのやり取りをさせて頂いていました。
レオ君と小太郎はお誕生日が近くて、年齢も同じ、そして同じ年齢で天使になり
勝手にレオ君を小太郎のソウルメイトと感じ、親近感を感じていたのです。
いつかはお会いしたいと思っていましたが、念願かないました。
千代ちゃんです。

DSC_0365_202107260759553a5.jpg

エステ棒の近くで座っているところをパチリ。かわいいです。

DSC_0364.jpg

箱ベッドでくつろいでいるところを撫でさせてもらいましたが、微妙にイカ耳になっています

DSC_0348.jpg

お父さんLOVEなので、お父さんが撫でている隙に撫でさせてもらったのですが
撫でると、尻尾をぺシぺシして「触るな、邪魔するな」と意思表示するんですよ
何回やっても同じだったので、みんなで笑ってしまいました。

DSC_0352.jpg

そしてそしてお目当てのスケちゃん。

DSC_0354_20210726075932fa9.jpg

ベッドでくつろいでいるところを後ろから忍び寄りなでなで、すりすりです。 

DSC_0355.jpg

お母さんの許可もいただいて、スーハーして、ほっぺ同士をすりすりして、スケちゃんのほっぺにチューもしちゃいました。
スケちゃんはめっちゃ嫌そうな顔をしています。

お父さんとお母さんは日本海の海岸線の砂浜を走るドライブにも連れて行ってくれました。
海水浴の人もたくさんいたのですが、砂が固いので皆さん波打ち際ギリギリまで車で来てそのまま停車。
その横でテントやら、ターフやらを設置して楽しんでいらっしゃいました。

DSC_0000_BURST20210724152739209.jpg

海風がとても気持ちよかったです。

DSC_0367_20210726075956385.jpg

お父さんとお母さんには初めてお会いしたのに、すごく気さくにお話ししてくださり
素敵で心のこもったおもてなしをしていただき、本当に感激です。
小太郎が天使になって以来、初めて猫ともふれあい、猫の柔らかさ、温かさ、かわいさを再認識できました。
本当にありがとうございました。

****************************************************************************************

DSC_0260_20210726075927b9b.jpg

約2か月かかったスコスラブの羊毛作品も持参しました。
以前とは作風が変わったので、前に押し付けた作品よりは良くできたかなと(苦笑)
上段
スケちゃん  たっちして、お手手をあげて、お母さん愛を前面に出しているところ
千代ちゃん  右のポンちゃんにお尻を向けて、ガン無視、ツンデレなところ
ぽんちゃん  天下を取ったるとガッツポーズしているところ
下段
のんちゃん、福ちゃん、レオ君
大人らしく、きちんと座っているところです。
福ちゃんは看板猫だったので横に反物のデコを作って置いてみました。
反物の話をしたら、お父さんが「値札をつけないと」と言ったのは内緒です(笑)
いつも閲覧、コメントありがとうございます。



スポンサーサイト




  1. 猫仲間
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

ママは誇り

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂きありがとうございます。
GWは朝のウォーキングや買い物以外は引きこもりアニメ鑑賞と羊毛フエルト制作をひたすらしていました。
そのせいもあり、連休期間で作品が出来上がりました~。
今回はきらちろプラスαのきららちゃんとちろろちゃんの兄妹猫ちゃんを作らせて頂きました。
きららちゃんは先月お空に帰り、3月の最後の2匹の2ショット写真をブログで拝見し
「作りたい!」と強く感じ、きらちろママさんに無理やり送りつけさせて頂きましたよ~
羊毛フエルト制作を始めて1年たった節目の作品でもあります。
節目に作りたいと思える被写体さんに出会えたことに感謝です。

正面

DSC_0240_20210510110817568.jpg

斜め

DSC_0242_20210510110818197.jpg

ママさんがアニマルコミュニケーターさんに聞いた時、きららちゃんの「ママは誇り」と言った言葉が頭に残り
そのままデコに入れさせて頂きました。
「WE ARE PROUD OF MOM」
私達はママを誇りに思う→ママは誇り
その他のデコも色々考えましたよ。
きららちゃんは猫にして珍しく柑橘果物が大好きなのでオレンジのデコははずせません。
そして黄色から「きらら」と名前がついたので、黄色のお花をチクチク。
ちろろちゃんは少し甘えん坊(あくまで私の印象)なので
くまさんとおもちゃのボールを散らし、女の子らしくピンクのお花をチクチクしました。
いつものことながら、技術が足りない分は、気持と愛を一杯込めましたよ
2頭身なので似ているとは言い難いですが、私ならではの猫ちゃんと愛情が伝わる作品を作って行きたいです。
もちろん技術の上達が伴ってこそだと思うので、簡単ではないですけれど
上手くなりたい、飼い主さんに寄り添った作品を作れるようになりたい、私ならではの作品が作れるようになりたいという欲が出てきています。
そのためにも努力あるのみ。藤堂葵の言葉に習ってひたすら努力するしかないですね。
いつも閲覧、コメントありがとうございます。


  1. 猫仲間
  2. [ edit ]

レオ君ありがとう

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを読んで頂きありがとうございます。
昨日スコクラブのレオ君が虹の橋に旅立ちました。
レオ君のことが大好きだったので、今日は追悼記事を書かせて頂きたいと思います。
のん福レオのお母さんに許可を頂いて、お写真もお借りしましたので
読んで頂ければ、幸いです。

1レオ君

スコクラブとの出会いは妹でした。
妹がずっとスコクラブを読んでいて、私も一緒に読むようになったのです。
そして、今年6月小太郎が糖尿病になり、インシュリン注射をうつことになったのをきっかけに
私もコメントをさせていただくようになりました。
レオ君はPKD(多発性嚢胞腎)という病気と闘っていました。
人間にもある病気で、難病指定されています。完治治療方法は確立されていません。
研究は進んでいるので、人間の場合は薬剤治療も一部行われるようにはなっていますが
高血圧治療したり、腎臓透析をしたりと対処療法が一般的な治療になっています。
猫のPKD研究は残念なながらその段階まではいっていません。
猫に人工透析という方法も一部言われる獣医師さんもいますが
金額、猫への身体的な負担増で、反対される獣医師さんも多いと聞きます。
これは私が読んだいくつかの記事を参考にしたあくまで私の考えなので
病気、その治療法についてのご意見はご容赦下さい。

レオ君は毎日点滴をし、インシュリン注射をうち、2週間毎に獣医さんで血液検査を受けていました。
レオ君はもちろん、お世話しているお父さん、お母さんも本当に一生懸命で頭が下がる思いです。
お母さん、レオ君のお世話のほかに、もちろんお仕事もあり、のんちゃん、千代ちゃん、スケ坊のお世話もあります。
本当に心身共に大変だったと思います。
そんなご自分も大変な時なのに、私のブログのコメントを通して
小太郎のインシュリン注射へのアドバイス、私の小太郎の糖尿病に対する不安に
励ましてくれたり、アドバイスを下さりました。
私の周囲にはインシュリン注射をしている猫ちゃんがいないため
お母さんのアドバイス、励ましは本当に有難く、心強かったのです。
「レオ君も治療を頑張っているから、小太郎もチックンと病院を頑張ろうね」
こう小太郎によく話しかけていました。
その頑張って、病気と闘ったレオ君が昨日天使になりました。
レオ君が食べなくなったときに、一旦は強制給仕となりましたが
悲しそうなレオ君のお顔を見て、
「レオ君を少しでもご機嫌さんにするために頑張ってきた、こんな顔をさせるためじゃない」
との思いから、強制給仕をやめる決断をされました。
すごくすごく大変な決断だったと思います。
愛情が無ければできない決断です。
そして寝たきりになっても、自分のあんよでトイレに行こうとしたレオ君。
お母さん、お父さんの声掛けに応えようとしたレオ君。
レオ君自身体がしんどいはずなのに、頑張っている姿に涙が出てきました。
レオ君の生き抜いた11年は本当に立派でした。
頑張って生き抜いた猫生でした。
すごく長生きをして天使になった猫ちゃん達の猫生にも決してひけを取るものではないと私は思うのです。
私も小太郎が病気になり、末期の状態になった場合は
お母さんのように真摯に向き合い、小太郎と頑張りたいと思います。

レオ君、今まで私と小太郎に元気と笑いを与えてくれて、ありがとう。

ありがとうの言葉とともに、レオ君のご冥福をお祈りいたします。
合掌

追伸
お母さんからお借りした、特に大好きなレオ君のお写真です。可愛くて、面白いレオ君。
大好きだよ、レオ君。ありがとうね。

レオ君2

レオ君3








にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ
にほんブログ村


キジ白猫 ブログランキングへ

  1. 猫仲間
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

天使になったジジ

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを読んで頂き有難うございます。
Nさんは私にとって、小太郎を保護してくれたYちゃん達以外に初めて出来た猫友さん。
ご近所なので、顔は知っていても挨拶したりすることもない感じでした。(同じ隣組ではありません)
でも小太郎を飼い始めて、獣医さんからの帰りに偶然お会いして
「猫を飼ったの?」とNさんから話し掛けてくれたのが始まりです。
Nさんはジジというクロネコとグリというグレーのハチワレの兄弟猫を飼っています。
猫を飼っているというだけで、あっと言う間に友達になれるって、猫友あるあるですよね。
猫の存在ってすごいなぁ・・・と思ったりする私です。
話がそれたので、元に戻します。
それ以降、お会いすれば猫の話を中心に話をするようになったのです。
毎朝、会社に出かける時、Nさんの家の前を通ります。
1Fの窓辺でジジが気持良さそうにしているのを網戸越にみて
「ジジ」って話しかけるのが私の日課にもなっていました。
でも最近見かけないので、暑いから窓辺にこないのかなって思っていたのです。
でも先週の土曜日にNさんにお会いして、ジジが亡くなったことを聞かされました。
先々月のことだそうです。Nさんも話さなきゃ・・と思っていてくれたそうなのですが
、なかなかお会いする機会がなかったんですよね。
ジジ、朝も元気で、Nさんが用事をすませ、外から帰宅したときも階段をトコトコ降りてお出迎えしてくれたそうです。
それが、ふと気がついたら「変な寝方しているなぁ」と思って、抱き上げたら、下半身がもう変な感じだったので
すぐに獣医さんに・・・。
そのまま天使になってしまいました。普段からコレステロールが高めで投薬治療していたので
まめに通院もしていたジジ。獣医さん曰く、脳が原因で、脳溢血とか脳梗塞とかになり、突然死となったそうです。
まだ13歳です。若すぎます。
毎日少しだけお外をお散歩し、Nさんが名前を呼ぶと戻ってくるお利口な猫さんです。
お外に出て帰ってきたときに偶然会うと、機嫌がいいと撫でさせてくれました。
知っている猫ちゃんが亡くなるのは本当に辛いです。
残された兄弟猫のグリもすごく甘えんぼになってしまったとNさんが言っていました。
兄弟が急に居なくなってしまったのがわかるんです(涙)
Nさんも表面は元気そうでしたが、お話していた時に涙ぐまれていて(涙)
猫の突然死・・・・本当にショックでした。
Nさんが小太郎も気をつけて・・・ということでした。
ジジ、毎朝ありがとう。今はお薬もなく、虹の橋で元気に走り回っているよね。
ジジのご冥福を心からお祈りいたします。

今日はジジの写真はないけれど、ジジを偲んだ追悼記事なので、小太郎の写真は少しだけ載せますね。
小太郎は元気です。昨日も早食いで、私のシーツを替えたてのベッドにリバースしてくれました
それ以外は一応元気です。

DSC_0134.jpg

DSC_0131.jpg

いつも優しいメッセージ、元気玉本当にありがとうございます。
感謝しています。

  1. 猫仲間
  2. cm: 2
  3. [ edit ]

ありえないε=ε=(怒゚Д゚)ノ

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂き有難うございます。
昨日ありえない話を聞きました。
知人のNさんはメスの三毛猫の迷子猫(捨て猫?)を地元の猫ボランティアさん紹介のA動物病院で避妊手術したのち
自宅でお世話しつつ、里親さんを探しています。
しかし定期的にさかりの症状が出て、大鳴きするので、A動物病院に電話したところ
「避妊手術をしているので、さかりが来るのはありえない」と言われたそうです。
そこで小太郎もお世話になっている獣医師さんに相談したところ、
「さかりの症状が出ているときに再度三毛猫ちゃんを連れてきてください」と言われ
症状が出ているときに連れて行ったら、お腹を触っただけで
「残ってますね」といわれたそうです。
これだけでもありえない話なのに、昨日再度の避妊手術をして頂いたら
少しどころか、卵巣などるまるまる残っていた。」
と言われたそうです。A動物病院を仲介したボランティアさんも自分達の信用にかかわることなので
断固講義をするそうです。
結局最初の避妊手術jは開腹して、何もしないでまた閉じただけなんです。
地域猫として、放していたら妊娠してしまったし、こんな状況わからなかったです。
あまりにもひどい話で聞いた私も驚きました。
でもそのA動物病院のクチコミサイトをネットで見ると悪くないどころか結構良いんで驚き。
かかりつけの獣医さんはやはあり信頼できる方を見つけるのが大事だなと改めて思いました。
その点、私は信頼できる獣医さんに診ていただいているので安心しています。

今日は我が家はバルサンをしているので小太郎は会社で避難訓練です。

DSC_1108.jpg

DSC_1107.jpg

今も鳴いてますよ~。あと数時間、小太郎には頑張ってもらいます。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

小太郎

秀巧金属㈱のマスコット猫
小太郎です。
2008年4月15日生まれ
2020年3月18日天使になりました
東京都墨田区で建築金物
オリジナル板金商品を
中心に扱っている会社です。

秀巧金属株式会社

Author:秀巧金属株式会社
FC2ブログへようこそ!

DSC_0078_202002120909173db.jpg

ポチっとお願いします。