FC2ブログ

小太郎と愉快な仲間達

秀巧金属㈱のマスコット猫小太郎が商品の話、日常など色々と綴ります。

  1. 小太郎の糖尿病
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

なかなか安定しないわね・・・

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂き有難うございます。
7/13は小太郎の定期通院でした。
今後は血糖値管理ではなくフルクトサミン管理で、治療していきます。
フルクトサミンは人間の健康診断で言うHbA1cで、2~3週間の血糖値の流れをこの数値で把握できるそうです。
猫の標準値が191~394で、今回小太郎は254でした。
標準値以内だったのですが、先生曰く、インシュリンの薬が効きすぎていて、低血糖気味の時間が結構あるとのことでした。
そこでインシュリンの単位も2.5から2.25に減量です。
0.25減らすのが微妙すぎて・・・・。1単位のメモリ幅が1mm位なので、その1/4・・・・。
もはや肉眼ではわかりません
なので2単位より少し多いかな・・・ってところですることにしました。先生もそれでOKとのこでした。
そして来月はどうしても外せない出張があります。
日曜日の夕方出発して前泊して、月曜~火曜のAMまで動き回り、火曜日の夜帰宅って感じです。
いつもなら、小太郎だけになるのが1日だけなので、ごはんのカリカリとお水を多めにおいて、お留守番が定番。
しかし今回はインシュリン注射があるので、獣医さんに入院です。
獣医さんの閉院時間にはお迎えが間に合わないので、水曜日の朝お迎えに行くんですよ。
だから小太郎3泊4日の入院です。
丁度次回の通院と時期がかぶるので、その入院の時に再度フルクトサミン検査、そして1日の血糖値の変化を
診るそうです。

DSC_0128_20190716080554316.jpg

小太郎獣医さん苦手なので、すごくかわいそうで、心配な私。
でもこれからシニア街道ずんずん進んで、長生きしてもらわなければなりません。
その過程で入院という可能性もあることなので、ここは私にとっても小太郎にとっても踏ん張りどころです。
心を鬼にして頑張ります

DSC_0127.jpg

小太郎は私のベッドの枕元で撫でてもらうのが大好きなんです。
左手手を後ろ足の間から手を入れてお腹をマッサージしたり、胸のところを撫でています。
右手は背中や頭、顔周りを撫でています。
ゴロゴロ鳴いていますが、自分の気が済むと、腹筋きかせて起き上がり、私の手を噛みます。
甘噛みだけれど、これが結構痛いんですよね。
妹からは良い躾だこと・・・と嫌味を言われますよwww

DSC_0125.jpg

この3連休は寝てるとき以外は、撫でてといつも近くにいましたね。
これは私の読んでいる漫画雑誌の上に鎮座した小太郎。
これと同様、私のスマホも小太郎の座布団に化すことしばし・・・。
まぁそれも可愛いから、親馬鹿なんですけれどねwww
今週もよろしくお願いします。いつも優しいメッセージ、元気玉を有難うございます。
スポンサーサイト

  1. ママのつぶやき
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

今昔物語

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂き有難うございます。
小太郎が糖尿病になってから、ブログを書く頻度が上がっています。なぜかは自分では不明ですが、多分弱音を吐き出してたいのではないか・・・と自分では思っています。
懐かしい写真が出てきたので今の小太郎と比べてみてください。

DSC_0078_20190708080327679.jpg

若干態勢は違うのですが、胸周りのお肉の量が明らかに・・・・・
8年前なので若者と庶路のおじいちゃんですから、違っても仕方ないんですけれどね。
お腹がタルタルなのは今も昔もかわりませんね。
可愛いのも今も昔も変わりません
親馬鹿はわかってますよ~。
でも初めての猫で、自分で子猫のときから育てたので思い入れが大きいのです。
お金もお世話も全部自分でやりくりしているのは初めてなんですよね。
私はもともと動物が好きではなく、特に子供の頃は犬が怖かったので
見かねた両親が小学校3年のときにポメラニアンを飼いはじめました。
知人の方が、自営業なのに、鳴きすぎて困るというのを、父が貰い受けたわけです。
主な世話は父と、動物好きの妹がしていました。
もちろん獣医さん代も両親が出していました。
14歳で虹の橋に渡るまでそうだったんですよね。
だから可愛がってはいたのですが、小太郎ほどお世話を自分はしていないんですよ。
手がかかった分だけ、愛しさも増すような気がします。

DSC_0112.jpg

ヒラヒラ首輪をした姿は「王子様」と私は思っているのですが
妹は「ピエロにしか見えない」と言っています。
妹のほうが1枚も2枚も上手なので勝てません

話は急に変わります。
私は喘息もちなので、具合が良くても悪くても月1で通院しています。
インフルエンザの予防注射もそこでやってもらっています。
その先生は注射するときこう言います。
「はい、お注射しますよ~。少しチクンとしますからね~」
ちなみに私は50歳で、先生は80歳半ばです(笑)
これは現在80歳の父にもこう言いながら、注射するので
注射する時の先生の口癖ですね。でも頼りになる先生なんです。
ずっと元気でいて欲しいです。
ちなみに先生も猫が大好きで、ベンガルを飼っています。

今週もゆっくるまったり頑張ります。よろしくお願いします。
いつも励ましの言葉、元気玉有難うございます。
感謝です。

  1. 小太郎の糖尿病
  2. cm: 6
  3. [ edit ]

安定~♪

おはようございます。
秀巧金属㈱のブログを見て頂き有難うございます。
一応会社のブログなのに、小太郎の糖尿病闘病記になってきました
小太郎日帰り入院無事終了です。
血糖値も今の2.5単位で安定しているので、このまま継続し、次は2週間後に人間でいうところの
A1c計測です。
闘病以来、初めて通院期間が2週間になりました。嬉しいです。
日帰り入院当日は私が毎日つけている日誌のようなものを先生に渡しました。

DSC_0103_20190703081911f0c.jpg

毎日のオチッコとうんPの回数、インシュリンを打った時間と単位をメモしています。
その時思ったことや、うんPの状態など気になることをなぐり書きしていますが
先生はこれを見て「多尿」になっていないことを確認できていました。
本来人に見せるものではないのですが、愛猫が糖尿病になって、色々検索されて
このブログにたどり着いた方へ、少しでも参考になったならば・・・と思います。

日帰り入院の日、夕方お迎えに病院の待合室に入った途端聞き覚えのある鳴き声。
診察室で先生にお話を聞いている間もず~っと鳴いている小太郎。
帰宅後玄関に入って、キャリーをあけるとダッシュで、2Fの私の部屋に移動。
そして「はやくご褒美のおやつの焼きかつおを寄越せ!」と大鳴きです
お徳用パックの少し小さめの高齢猫用の焼きかつおをあげたら
餌に群がるピラニアのような勢いで、まさにガツガツ食べてます。
少し時間を置いて、いつものご飯を少しだけ量を減らしてあげていきます。
夜は基本6時、6時半、8時半、9時と4回の小分けにしています。
早食いでリバースしやすく、かつ少量でも太りやすい体質なのでこの小分けにいきつきました。
もちろん獣医師の先生と相談の上ですよ。
6時のご飯を食べ終えた段階で、ようやく落ち着いてくれました。
飼い主に似て、ストレスを食で紛らわすタイプですね、完全に。
最近8時半のご飯前の、私のお風呂の出待ちも復活しました。
元気になってきたんだなぁと実感できて嬉しいです。

朝夕のインシュリン注射もすごくお利口です。
「小太ちゃん、チックンしておやつにしましょう」って私が言うと
私のベッドの上の小太郎のベッドにスタンバイしてくれます。
「おはぎみたいね」と言うコメントは駄目です!!(笑)

DSC_0100.jpg

※どうやっても写真の方向が変えられないので、見にくくてすいません。

この体勢でまずはドリーミーズを1坪。
「はい、少しチクンとしますよ~」と声をかけ、注射。
終わったら再度ドリーミーズを1粒あげて、褒めまくりです。
ドリーミーズを前後にあげることはもちろん先生の許可をもらっています。
注射の仕方、ご褒美の上げ方には先生の方針によっても異なりますので
主治医の先生の指示を必ず仰いでください。
うちの小太郎はOKだから、自分の愛猫もOKと早合点は駄目ですよ!

DSC_0102.jpg

いつも皆様の優しい励まし、元気玉に励まされています。
有難うございます。


  1. 小太郎の糖尿病
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

やや低血糖

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂きありがとうございます。
先日まゆみのお絵描き絵手紙のまゆみさんが、通院と注射を頑張る小太郎を描いてくださいました。

f0375804_20254036.jpg

本当嬉しくて、可愛くて、感激です。
まゆみさん、ありがとうございました。カラープリントして、会社のデスクと、私の部屋に早速飾っています。
そして私のスマホの待ち受けにも設定しました。
本当の姉のように慕っている従妹のお姉ちゃんにも見せました。
従妹のお姉ちゃんは私より10歳上で中学生の時から、よく結婚したおうちに遊びに行ったり
今は私はやめてしまったけれど、ゴルフの練習に一緒に行ってたりしてたんです。
母が亡くなった後は、色々相談にのってもらっています。
そして絵を見せたら、私以上にお姉ちゃんが感激してくれて(涙)
小太郎と一緒にまた頑張ります。
まゆみさん、本当に有難うございました。

小太郎昨日の夕方通院でした。
血糖値は58。50以下で低血糖なので、完全に薬が効きすぎています。
猫専門病院の先生が書かれているブログを見ているのですが
インシュリンの量を決定するのは本当に難しく、効き過ぎたり、全く効かなかったり
はたまた300位の高血糖気味の方が元気で活発な猫もいるので
完全に個体差によるものが大きく、1週間から1ヶ月量の決定までかかることはよくあるそうです。
小太郎は昨日の夜から、2.5単位に減量です。
そして7/1には日帰り入院で、血糖値を定期的に見るそうです。
小太郎病院では、キャリーから出すのは相変わらず大変ですが
出てしまえば大人しく処置をさせてくれるお利口さん。
最近は注射を打つ前「小太ちゃん、今からチクンするけど終わったらオヤツあげるから頑張ろうね」と撫でながら言うと
尻尾でパンパンしてお返事してくれます。
親馬鹿ですが、とてもいい子です。
早くインシュリンの量が決まって、少しでも快適に過ごさせてあげたいです。

DSC_0096.jpg

暑くて、フローリングでだらけている小太郎。
丘に打ち上げられたアザラシみたいです。
具合が悪いわけではないので、ご安心を。
いつも励ましの言葉、元気玉を有難うございます。
本当に感謝です。

  1. 小太郎の糖尿病
  2. cm: 5
  3. [ edit ]

ようやくママも慣れてきました。

おはようございます。秀巧金属㈱のブログを見て頂きありがとうございます。
昨日は夕方6時のインシュリン注射前に獣医さんにGO
診察台の上でキャリーから出すとき
「ギャ~ニャ~(嫌だ~やめろ~)」
爪をキャリーの中の敷物にたて、大暴れの小太郎。抵抗もむなしくあっさり私に出されます。
血糖値128でした。正常値は74-150なので正常値です。
朝のインシュリン注射後12時間半でこの数値は薬が効きすぎているので、3.5単位から3単位に減量です。
この量で様子を見て、また来週同じ夕方6時に診察です。
途中、多飲多尿が始まったら、先生にお電話するよう指示を受け、帰宅しました。
診察台からキャリーへの移動の早さに先生ビックリ。
「この巨体なのに驚くべき俊敏さ
とポツリと漏らしていました。
小太郎の糖尿病の発覚は先生から見ても相当早い段階で見つけられたケースだそうです。
改めてそう言ってもらって、私も注射にも慣れてきて、少し心に余裕が出来ました。
先週は小太郎のストレスからくる下痢、下痢が止まった後は便秘と心配しまくり
ネットで色々調べては色々書いてあって不安になり、落ち込んでを繰り返していました。
でも通院の予定があるし、もう気にしないって心を決めたら、小太郎が普通にうんPをしはじめたんです。
先生にそのことを話したら
「ネット検索しいのが正解」って言われました。情報社会、色々な情報が載っています。もちろん正しい情報もあれば
そうでない情報もあるので、疑心暗鬼になるだけだそうです。
これからも小太郎と1人1匹6脚で頑張りすぎずに頑張ります。
小太郎はおやつと私の心のゆとりのおかげで、おとなしく注射してくれてます。
いつも元気玉と暖かいコメント有難うございます。

DSC_0092.jpg


DSC_0091_20190620094217f8f.jpg

私の愛用のレスポのバックに入ろうと必死だったけれど、諦めた小太郎です。
猫の柄は直営店舗限定販売だったのを通販で半額になった段階でゲット。
可愛いし、肩こりな私に優しい軽さで、大のお気に入りです。


NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

小太郎

秀巧金属㈱のマスコット猫
小太郎です。
2008年4月15日生まれ
東京都墨田区で建築金物
オリジナル板金商品を
中心に扱っている会社です。

秀巧金属株式会社

Author:秀巧金属株式会社
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

QRコード

QR

« 2019 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -